FC2ブログ

梅雨の晴れ間に・中川の源流?を発見

2018.06.27

早朝ポタリング・利根川コースの途中埼玉県羽生市で発見

利根川の右岸を直接遡るコースと葛西用水を遡って途中から利根川を下って帰る二つのコースがあります。
老良が勝手に決めただけですが、どちらもほぼ等距離で50㎞強のコースです。

今日はなんとなく後者を採用。こちらは一月の交通事故に遭った交差点を通るので回数は少なめですが。

田圃に送るために葛西用水路の水はもの凄い勢いで流れています
IMG_20180627_065306.jpg

用水路と直交して大分深い川が流れているようで、いつも横目でチラチラ
IMG_20180627_065514.jpg

今日は自転車を止めて、覗き込むとチョロチョロと流れています
IMG_20180627_064726.jpg

下に降りてみると
IMG_20180627_064940.jpg
一級河川中川起点とありました

起点と源流では、印象が大分違います・・・

中川此の地に始まる!」はちょっと大袈裟ですが、スタート地点ですから若干の感慨があります

確かに、暗い穴の奥から水が流れ出ています
IMG_20180627_065124.jpg

葛西用水の水底の更に下を通って反対側の水路の水が出て来ているのです。川の立体交差点ですね。
確かにこれは源流ではありません、単に、ここからを始まりとするという便宜的な点なのが分かりました。

フムフム
IMG_20180627_065004.jpg

ここから埼玉県内を流れ、古利根川と名前を変えた葛西用水と吉川市で合流。
すれ違った二人が40㎞も離れた地で再会するようなもので、感動ものです。

更に、葛飾区江戸川区内をくねくねと曲がり、荒川や江戸川とバイパスで結ばれて水の貸し借りをしながら、
ディズニーランドの西側で東京湾に降り注いでいるのです。80㎞の、まさに流れ旅です。

帰り道、ここからおよそ20㎞下流の橋の上からパチリ
IMG_20180627_082449.jpg
立派に成長しています。岸辺は草で覆われていて雰囲気があります



ラジオ深夜便
で興味深い話をしていました。
2009年にちょっと入院して以来のお気に入り番組で、まさにジジイ向きの内容です。
番組でかける戦前の流行歌などには流石についていけませんが、第一回レコード大賞くらいからは大丈夫です。
話は面白いです。

それによると

今、稲の生長は第二ステージを迎えているそうで、また水が大量に必要になる時期なのだそうです。
一端水を切らし気味にしておいてからまた与えると、まさに水を得た魚のごとく、
根っこがグングンと伸びて丈夫な稲になるそうです。

確かに注意して見ると、土の見えている田圃やタップリ水の張られた田圃など様々あります。
それぞれの生長に合わせて配水しているのです。

夕方が近づくと水分は絶対に摂らない!!という先輩の事を思い出しました。
我慢をした体に晩酌のアルコールが急速に染み渡り、一層美味しいと言う訳で、似ています。
早いものでもうじき三年になります、合掌


Please click and enjoy
  


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村






スポンサーサイト

Comment 0

WHAT'S NEW?