FC2ブログ

少しでも事故に遭う確率を減らしたい


交差点を渡る時、右折車に向かって、有難う!と手を振って渡るのですが心配でなりません。

あの事故以来、右折車が本当にこちらを見て減速しているのか心配でなりません。
スマホを耳に当てていたりするのを見ると、ブレーキを握りしめてしまいます。

こちらをはっきりと認識してくれていれば事故にあう確率も減るはずです。

フロントバッグでピカピカとライトが光っていれば気付きやすそうで、探しました。
乾電池型のほうがツーリング中は使い勝手が良いので、生産終了品でしたが、Amaでみつかりました。

セーフティーライトを付けてみました。
IMG_20180311_174637.jpg
ルーメンなどは書いてありませんでしたが、ピカピカとフラッシュして目につきそうです。

ヘルメットには反射シートをベタベタと貼りました
IMG_20180311_174415.jpg

外に出て、いざ、早朝ポタリングです。

明るいところではちょっと心もとないですが、ピカピカとフラッシングしているのでそれなりに目につきます。自分としては
IMG_20180311_061203.jpg


自転車を漕いでいても、最初のうちはバッグ越しに前方でピカピカしているのが判ったのですが
すっかり明るくなってしまうと、ほとんど分かりません・・・

自転車を止めてよく見ると、微かに点いているのがわかります
090649.jpg
柱の塗装が剥がれてみすぼらしいです。確かS倉設計の建物です

帰って来て少し調べました。

キャットアイのカタログをよく読むと、街中で周りから見られるライトとして光源100ルーメン以上のものを推奨していました。

これは夜間の話ですから、老良の気付いてほしい日中では、このライトではほとんど役に立たない事が分かりました・・・

もっと光源の強力なものが必要なようです。



加害者被害者を問わず、自転車が一年間に交通事故にあう確率は0.3%、自動車事故は0.8%だそうです。
(1-0.003)をn乗(人生の長さ)すると50%に近づいて行き、一生のうちで二人に一人は事故に遭くことになります・・・


Please click and enjoy
   


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment 0

WHAT'S NEW?