FC2ブログ

交通事故備忘録-1


2018.01.18

幸い軽い怪我だけで済みそうですが(後から症状が出ることもあるそうなので)、自戒の念をこめて

右折車に巻き込まれた事故

いつもの早朝ポタリング・利根川北上コースの途中、自動車と衝突してしまいました

先日、友人に、気を付けて乗るように言われたばかりだったのですが、やってしまいました

衝突現場は、交差点のすぐ傍にある小さなT字路です

交差点方面から来た車は右折、老良は交差点に向かって直進します

交差点からすぐ狭い道路に右折するので、車のスピードはあまり出ていません

老良はいつもそれを見て、間合いを図りながら、そろそろと進みます

止まってくれそうなら、目を合わせて、右手で謝謝の合図を送りながらそのまま交差点まで進みます

今日の車も止まってくれそうだったので、合図をしてブレーキを緩めペダルを踏みこみました

ところが

停まってくれたと思った車はそのまま右折して来て、あっというまに目の前に

何だよ何だよ止まってくれないのかー、慌てて右手でボンネットを押し返したのですが、無駄なことでした・・・

ドンと衝突

空中に飛ばされて、これで終わりかと、一瞬頭をよぎりましたが


後で自転車を撮った時に間違って押してしまったようですが、こんな感じでした。
IMG_20180118_072429.jpg
決してスマホをいじりながら乗っていたわけではありません


両方ともスピードが出ていなかったので、ドテンと左側に横転

スタントマンによる事故再現映像ほど派手ではありませんでした

意識ははっきりしていましたので、すぐに立ち上がれました

昔、冬の奥日光で、建物の玄関で氷で足を滑らせ脳震盪をおこしてちょっと気絶していた事を思い出しました

どうしようもない事を思い出すものです

体は動くので自転車を移動させようとすると、前輪がぐにゃっとまがっていて転がせません

持ち上げて歩道へ移動

相手の人が(警察の調書では加害者と)警察に連絡

右ひざが痛いだけで、衣服が破れたりもしていません。水たまりの水がついているだけ

前輪が変形しパンク、スポークが曲がってフロントギアからチェーンが外れています

相手の車はナンバープレートの端が若干凹み、バンパー右前に擦り傷

相手の人と相談して、警察に連絡してもらいました

IMG_20180118_072610.jpg

IMG_20180118_072617.jpg


パトカー到着

しばらくすると

小さなパトカーに乗った二人の警察官がやってきました。

大した事故ではないのか、動揺を鎮めようとしてくれているのか、のんびりとしています。

何枚か写真を撮り、事故の状況を訊かれました

相手は必ず止まってくれるとは限りませんので慎重にと言われてしまいました

確かにそうです。多分100回以上は通っている場所で、今までは無事だったのです

こちらが止まっていれば起らなかったわけです

今日の人もこちらを認識ているように見えましたが、上の空だったのかは分かりませんね


物損事故と人身事故の違い

「救急車を呼びますか?」

「大丈夫ですが後で症状が出ると困るので病院に行って診察してもらいます」

「それでは人身事故扱いとなりますので、実況見分調書作成のために事故捜査係を呼びます」

警察を呼べば必ず実況見分したりすると思っていましたが、物損事故では簡単な書類だけで終わりなのだそうです

事故割合とか後々のために証拠を残すためには事故捜査係りによる実況見分が必要と後で知りました

事故捜査係到着

こんどは事故捜査係の人がバンに乗ってやってきました

道路にはブレーキ痕とかは破損したものとかが何も有りませんので

このあたりですかね、といいながらチョークで丸をつけて

次に相手の人も同じように現場検証
IMG_20180118_075921.jpg

次に、別々に、車の中で聞き取りをされながら調書を作成しました

自分で記入する項目で、やはり動揺していたのか、何か所も書き損じをしてしまいました

ハンコを持っていないので人差し指にスタンプインクを付けて捺印

病院の診断書(原本)を警察に届けてほしい。それから事故として取り扱うとの事

思い出しながら書いてみると結構あります。続く・・・

Please click and enjoy
   


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment 0

WHAT'S NEW?