FC2ブログ

英国大使館別荘・光陰矢の如し

2017.11.01
十月は台風が二度も上陸したり老良の都合もあって、残念ながら日光の紅葉は終わってしまいました。
中禅寺湖畔にある英国大使館別荘記念公園に行ってきました。自転車でいろは坂を上る気力もなく、車です。

平成20年まで大使館別荘として利用されていたものを、修復し昨年公開となりました。
DSC_1565.jpg


もともとは英国外交官のアーネスト・サトウが明治29年に建てた個人の別荘でした。


驚きました
サトウは日系人かと思っていたのですが、ドイツ人の父の苗字がSatowで、発音が佐藤と似ているだけだそうです。

日本が大好きで外交官として来日したのに日本語が下手で最初の頃は通訳にならなかったとか。
好きこそものの上手なれ。その後は大活躍で、日本名を佐藤愛之助と名乗っていたそうです。


DSC_1548.jpg


DSC_1553.jpg


更に驚いたことがありました。
資料提供に檜枝岐村とあったのでその解説を読んでみると
尾瀬の保護に努め「尾瀬の父」と言われている武田久吉博士がサトウの次男だったとは、知りませんでした・・・
檜枝岐村のミニ尾瀬公園には武田久吉メモリアルホールがあります。かちりと繋がりました。


暖炉の鋳物は当時のものだそうです
DSC_1551.jpg

DSC_1554.jpg


紅茶やスコーンを食べながら景色を楽しんだのでしょうか
DSC_1555.jpg


故郷英国の景色に似た、中禅寺湖と日光白根山が眺められるように建物を計画したそうです
DSC_1552.jpg
初夏の頃、ガラス窓を開け放って観る景色もまた素晴らしいでしょうね




家に帰ってから更に驚いたことがありました。光陰矢の如しの話です。

イタリア大使館別荘記念公園というのが奥に並んであり、以前同じようにオープンした頃に訪れたことがあるのです。

イタリア大使館は昭和になってからの建物。アントニン・レーモンドの設計で趣が違います。
IMG_20171105_0001.jpg
英国の方はジョサイア・コンドル。岩崎邸や古河邸などお偉い人の家を設計、三菱一号館などもそうです

訪れたのは少し前のつもりだったので、2014年頃かと見当をつけて写真を探し始めましたが見つかりません・・・
秋と思っていましたが、春や夏も含め2011年まで遡って探しましたが見つかりません・・・
デジタルカメラで撮った記憶が有るのだが・・・ 

家人のメモを調べてもらいました・・・すると、何となんと2008年6月でした。
その頃はリバーサルフィルムで写真を撮っていたのでパソコンにデータが無いのは当然だったのです。

この前の事と思っていたのが、9年も前で、しかも季節も違っていたのには愕然としました。
まさに光陰矢の如し。というより単なる老人力のなせる業なのでしょうか。

今年も始まったばかりと思っていたらもうじき終わりですし、うかうかしてはいられません・・・


Please click and enjoy
   


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment 0

WHAT'S NEW?