FC2ブログ

夏の七草

秋の七草ではありません、北海道2017で出会った夏の七草です。

植物に詳しいわけではありません、走っていて特に気になったものをパチリと写しただけです。
十種類もありませんでしたので、そのうちの七草を掲載しました。順番は不同です。


何と言っても気になるのはこれです。
シシウドとかエゾニュウとか。調べても決定打は有りませんが、北海道ですからエゾニュウでしょうか。
大きな蕾はフキノトウのようで天ぷらにしたら美味そうです。

空に向かって大きく伸びあがっている姿に思わすパチリです。
DSC_0871.jpg
新得から帯広に向かう途中で



オオウバユリ。安平町鹿公園に沢山咲いていました。目を凝らすと奥の方にも点々と咲いていました。
鹿公園は雨模様で急きょキャンプしただけで、予定外だったのでさっさと撤収してしまいました。
今にして思えば、森の中も散策してみれば良かったです。来年はもう少しゆとりをもって走りたいですね。

IMG_20170717_072522.jpg



ヨツバヒヨドリ。去年朱鞠内湖の辺りに沢山生えていました。気になっていたので調べておきました。
早朝ポタリングコースの途中に「フジバカマ自生の地」があります。調べてみると同類だそうですが、老良には区別がつきません。

DSC_0779.jpg
滝里から富良野への途中で



真っ白い花があちこちに咲いていました。ノリウツギだそうです。
昔読んだ小説の中にサビタの名前が出て来てどんな花なのだろうと想像したことがありました。この方が響きが良いです。
ライラックもムラサキハシドイでは何となくイメージが膨らみません。

DSC_1124.jpg
積丹町美国で。



富良野のニンジン畑の傍で農作業をしている人に訊くと、ニンジンの花が飛んで行ったものだと。
妙に納得してしまいましたが様々な場所で咲いていました。ノラニンジンが正解のようです。

DSC_0981.jpg
静内漁港辺りで。日高本線に列車が走ることはないのでしょうか。



積丹の女郎岩への道に標識がありました。ノコギリソウ。葉がノコギリのようになっていて分かりやすい名前です。
まるで園芸種のように可憐です。

DSC_1138.jpg
積丹半島



イタドリかオオイタドリか。去年、道北を走っていると道端にズーと生えていました。
刈り取った所を牧草地にしたのかと思うくらいの景色が続いていました。そして、ところどころエゾニュウ?が。
オホーツク海側を南下している時、根元で昼寝をしたくらい大きなイタドリでした。さすが北海道。

DSC_1065.jpg
賀張川鉄橋

ところが面倒なことに、イタドリとオオイタドリでは葉の形が違うそうです。
インターネットは素人でも簡単に情報を得ることが出来て便利ですが、情報過多で消化不良をおこします。

来年は、葉の形が切形か心形か観察してみるつもりです。

Please click and enjoy
   


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment 0

WHAT'S NEW?