FC2ブログ

07.28天気には勝てません・なんとか江別まで

2017.7.28 千歳ライダーハウス~江別キャンプ場

目が覚めて外を見ると、今にも雨が降り出しそうな空模倣です・・・

宿の兄さんが、泊まっている皆さんと話をしながら各地の天気を調べてくれますが、何処も芳しくありません。

老良の予定地は今日だけでななく、明日も晴れないようです。姿が見えない羊蹄山の麓を走っても仕方が有りません。
支笏湖から羊蹄山を回って小樽へのルートは諦めました。今年は諦めることが多いですが仕方ありません。

ポンチョを被って小雨の中の出発では気分も盛り上がりません。昨日とは大違いで、記念写真も忘れてしまいました。

当初の計画通り札幌から小樽ルートを進みます。


北広島市  国史跡 旧島松駅逓所
DSC_1108.jpg
明治6年に設けられたそうです。内地からやって来た人々は心細かったはずで、建物を目にしてホッとしたことでしょうね。

クラーク博士は、ここで、見送りに来た教え子達に Boys be ambitious ・・・の言葉を送り、日本を去っていったそうです。 
DSC_1111.jpg
隣の石碑には 寒地稲作 この地に 始まる とあります。

中山久蔵さんがこの駅逓を守りながら苦労して稲作を始めたそうです。それが昨日見た厚真町につながっているのです。
北海道庁の蓮は、裏に見える蓮田から移植したものの子孫だそうですよ。

大型バスが見学者を乗せて次々とやって来るので、ガイドの人は大忙しです。
雨が上がるまでと思い、一緒になって解説を聞いていたのですが、次第に本降りになって来てしまいました。

前は見えにくく、とても小樽までは進めそうにありません。靴の中もぐちゃぐちゃです。
探すと江別市森林キャンプ場が有りました。

キャンプ場入口からは、森の中を進むうちに途中から砂利道になってしまい、迷ったのかと思うくらい奥の方に有りました。
23Cの細いタイヤで軽く走るのが貧脚老人の信条なので、こんな時は困ってしまいます。

受付を済ませて、雨を避けて大急ぎで木の下にテントを張りました。写っていませんが張っている最中は凄かったです
IMG_20170728_173124.jpg
原始林の一画を切り開いてキャンプ場としたのでしょうか。ここだけすっぽりと開けています。

小降りになってきたので、管理人さんにコンビニへの近道を教わり、夕食を調達しに出かけました。
隣接する運動公園の裏から無理矢理入るのですが、公園が余りに広くてなかなか公道にも出ません。
またも心配になってきて、D・P・N(ディープ・パプア・ニューギニア)という言葉を思い出してしまいました。
パプアニューギニアの奥地は入ったら二度と戻れないらしいです。

買い物を終わったところで、やっと札幌の友人と携帯電話が繋がりました。
宿泊の準備が整ってしまったところなのと、街へ出て、暗くなってから戻れる自信は全然ありません。
で、会うのは次回ということにして、来た道を思い出しながら、戻りました。

戻ってびっくり。小高くなった所に黙々と一人で張り始めていたテントが、大きなテントになっていたのです。
沢山の人がバーベキュウをしたり、楽しんでいるようです。みなさんキャンプが大好きなのですね。

老良は 荷物は軽量なのが良い ので調理はしません。いつもコンビニ弁当を食べて、そそくさと眠ってしまいます。


雨に振り回されて、泣く子と天気には勝てない、を実感した一日でした。


Please click and enjoy
   


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村


スポンサーサイト

Comment 1

Thu
2017.08.17
06:58

野鳥の楽園(yukemuri2) #ZJmJft5I

URL

おはようございます。

今年は天候に恵まれない日が続きますね

関東も梅雨明け宣言後雨ばかり

自転車での旅はさぞ大変だと思います

その辛さが後にいい思い出に

なるように  (v^-^v)♪♪♪ 。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?